クライマックスシリーズ第1戦は千葉ロッテが先勝!

千葉ロッテは井口資仁の専制ホームランで先制し、その後も効果的な追加点を上げていって、西武に快勝!見事初戦を制してクライマックスシリーズセカンドステージ出場へ王手をかけました!

アメリカの草野球でのランナーのホームインの仕方がヤバイwww

アメリカで行われていた野球の試合で、ランナー2塁の場面でバッターがヒットを打ち、ランナーはホームに還ってきます。そのときに、走塁線上にちょうどキャッチャーが立っていたため、これを避けてホームインしないといけない!と考えたランナーがなんともアクロバティックなホームインの仕方をして、私も思わず声を上げて大笑いしてしまいましたwww

松井稼頭央「意味が分からないパフォーマンスを楽天で流行らせた」

今シーズン、東北楽天内で流行っている「がちょーん!」のようなパフォーマンスは実は松井稼頭央選手がメジャーで見つけた意味が分からないパフォーマンスを持ち帰ったものみたいですwこれって、今年のWBCの台湾戦で井端弘和選手も9回表に同点のタイムリーを打ったときにやっていた気もしますけど、WBCのチーム内でも松井選手は流行らせたんでしょうか?w

埼玉西武のボカチカ、デットボールの後にゲッツー崩しの怒りのスライディング!

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
埼玉西武のボカチカは北海道日本ハムの武田久からデットボールを受け、埼玉西武の大久保コーチなどが怒りを表すなど、一触即発間近といった場面となりますが、なんとか沈静化して試合は再開されます。その後、4番の江藤智はサードゴロに倒れますが、サードからセカンドへ送球される際に1塁ランナーのボカチカのゲッツーム崩しのスライディングによって、セカンド田中賢介の送球エラーを誘って、その間にランナーがホームインして、埼玉西武が勝ち越します!

レッドソックスの上原浩治が最終回を3人で締めて、リーグ優勝決定戦へ進出決定!

8回途中から登板したレッドソックスの上原浩治は三振に仕留めて8回を終えて、そして3-1とリードした9回最終回のマウンドに上がります。上原にしては珍しくレイズのロンゴリアの頭部付近へのボールも見られましたが、最後はそのロンゴリアを空振り三振に仕留めてゲームセット!3勝1敗でレッドソックスがリーグ優勝決定戦へ進出決定となりました!次も頑張ってくれ!上原!