ペーニャの死球をめぐって抗議をする秋山監督の風貌がヤバすぎるwww

東北楽天の青山浩二から福岡ソフトバンクのペーニャの顔に近い肩にデットボールを当ててしまいます。ペーニャはやや怒りながらも1塁へ歩いていきます。しかし、危険球じゃないか?と抗議しようとしたのか、ベンチからは秋山幸二監督が飛び出してきますけど、ポケットに手を入れて、おまけにサングラスをしているせいか、物凄く恐く見えますねw

横浜DeNAの中畑監督の頭にセミが止まるwww

横浜DeNAの後藤武敏が打席の途中で足を負傷し、ベンチへ下がっていきます。中畑監督もベンチを飛び出して様子を見に行き、そこから帰ってきたところで中畑監督の帽子のちょうど後頭部の辺りにセミが一匹止まっているじゃありませんか!?これは気付く人はあまりいないような気もしますけど、動画の投稿者の方はよく気付いたなーと、感心せずにはいられませんw

優勝ビールかけの最中に暴露!東北楽天の川井貴志は実はニコニコ動画のプレミアム会員だった!?

東北楽天の川井貴志投手はビールかけの最中に自らがニコニコ動画のプレミアム会員であることを暴露しますwしかし、川井投手はかなりはしゃいでいますけど、このビールかけの翌日に先発予定ということで、酔いが醒めないまま登板することになりかねませんでしたけど、大丈夫だったのでしょうか?wまあ、楽天にとってはチーム初のビールかけですから、選手みんながはすぎたい気持ちになるのは分かります。


田中将大がビールかけの最中にニコニコ動画に向かって「変なコメント書いてんじゃねーぞ!」

最後は田中将大投手がピンチを作りながらも埼玉西武の浅村栄斗を空振り三振に討ち取り、見事球団創設以来初リーグ優勝を成し遂げました!胴上げ投手となった田中はビールかけの最中にニコニコ動画の画面上に流れたコメントに向かって結構自らコメントをしてくれましたw田中投手は見られないでしょうけど、毎回楽天のホームゲーム時には非常に多くの応援コメントが寄せられています!

サイン違いのボールをキャッチャーが捕り損なった後の球審の反応がオカマっぽいwww

ピッチャーが巨人の高木京介、バッターは阪神の鳥谷敬という場面で高木はストレートを投げますが、これをキャッチャーの阿部慎之助が捕れずに後逸してしまいます。そのときの球審の反応がなんとも乙女チックというか、可愛い反応を見せますwww解説の吉村禎章氏によると、これはどうやらサイン違いのようで、それで阿部もボールを取れなかったようです。

北海道日本ハムの稲田直人がチームメイトの坪井智哉にシメられるwww

雨で試合が中断してリう間に北海道日本ハムのベンチでは非常に面白い光景があったようですwムードメーカーの稲田直人がどうやら誰かのバッティングフォームの真似をしているようですが、誰でしょうか?その後、後ろから苦笑いで坪井智哉が近づいてきて、ベンチの裏に連行されたことから、どうやら坪井のモノマネをしていたようですw稲田みたいな選手がいると、ベンチは盛り上がりますよね!


中日の高木守道監督が投手交代をしようとした瞬間、今中慎二コーチに止められるwww

この日は中日は雄大が先発でした。しかし、イマイチのできだったので高木守道監督もそろそろ変えるか...。ということでベンチを出て投手交代をしようとしたとき、隣にいた今中慎二ピッチングコーチに止められていますwこれはTBSで実況をしていた世界の松下こと松下アナウンサーも気付いたようで、驚いていました。高木監督というと、去年のシーズンは権藤博ピッチングコーチとの不仲説も囁かれていましたけど、今年もコーチと意見が合わないことが結構あるのでしょうか?

韓国の女子新体操選手の始球式が凄い!

韓国のプロ野球では女子新体操選手のシン・スジさんの始球式が行われました。彼女は新体操選手ならではなのでしょうか?独特のフォームで見事キャッチャーまでノーバウンドで始球式を行いました!彼女のフォームはまず真似できないでしょうねwそれにしても滅多に見られないような凄い始球式でしたね!実況の方もかなり驚いている雰囲気でした。

横浜DeNA戦のニコ生で加藤暁アナが実況中にハマスタ内の食堂に苦言を呈するwww

毎度横浜DeNA戦のニコニコ生中継の実況を担当してはユーザーを楽しませてくれる加藤暁アナですが、この日は横浜スタジアム内にある関係者しか使用できない食堂の話となりました。そして、そこで加藤アナは「目玉チャーハン」というメニューを注文したみたいなのですが、チャーハンに目玉焼きが乗るとそれだけで200円も上乗せされてしまうということに最近気がついたらしく、それが高すぎるんじゃないか!?と苦言を呈されていましたwww


上原浩治と宮本慎也が「ドームラン」について真剣に語るwww

東京ドームは以前からホームランが出やすいことで有名な球場ですけど、お2人にとってもやはり東京ドームはホームランが出やすいと感じるみたいです。また、甲子園球場とナゴヤドームは本当に広くてホームランが出づらいと、本人たちの実体験から語ってくれました。今年のWBCでのオランダ戦では先頭打者ホームランを打った鳥谷敬、松田宣浩、糸井嘉男、稲葉篤紀、阿部慎之助、内川聖一、坂本勇人と異常なくらいにホームランが出ましたからね。それまで1本もチームで出ていなかったのに。やはり東京ドームはホームランが極端に出やすいようです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。