レッドソックスの上原浩治、連続打者アウトは37でストップ!さらに今シーズン初黒星を喫する...。

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
レッドソックスの上原浩治はオリオールズ戦に同点の場面で登板します。しかし、先頭打者にスリーベースヒットを打たれ、連続打者アウトは37でストップし、41までの記録には届きませんでした。そして犠牲フライを打たれて、連続無失点試合もストップし、勝ち越しを許してしまい、今シーズン初の黒星を喫してしまいます。ここまで大活躍の上原でしたが、ここにきてついに打たれてしまいましたね...。

オリックスの金子千尋がブランコに投じた敬遠球のボールwww

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
横浜DeNA対オリックスの交流戦は6回裏7-6でオリックスが1点リードという場面で、2アウト3塁でした。バッターは4番のブランコでしたが、オリックスベンチはここでピッチャーの金子千尋に敬遠を命じます。金子は非常に良いコースに150キロのストレート投げ込み、まるで敬遠ではなく真剣勝負をしているかのような素晴らしいボールを投げて行きます。金子も敬遠を命じられて悔しかったのでしょう。


【悲報】ファンの野次にキレる広島時代の高橋建...。

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
広島の2番手として登板した高橋建は満塁から、上田佳範に走者一掃となる右中間を破るタイムリーツーベースヒットを打たれて、即降板を命じられてしまいます。高橋はベンチに帰る際にファンから聞こえてきた野次に反応していました。野次を言われた選手からしてみれば、非常に頭にくる言動でしょう。赤星憲広、駒田徳広など、野次でネタになっている野球選手は何人かいますけどw

メッツの松坂大輔が移籍後初めての好投を見せる!

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
メッツの松坂大輔はインディアンス戦に先発し、5回2/3を投げて1失点と好投を見せます。この日は変化球のコントロールが良かった気がします。途中、バッターの打球が松坂に直撃するアクシデントもあり、無念の途中降板となりましたが、移籍してから初めて好投といえるピッチングを見せ、次回以降の登板にも期待を持たせてくれる内容だったと思います。レッドソックス時代は18勝を挙げたピッチャーですから復活が待たれます!

U-18野球W杯で、韓国の選手がわざと死球になる→審判が死球を認めない→韓国チーム猛抗議www

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
U-18野球ワールドカップの韓国対台湾の試合で、韓国の選手がわざと肘を出してボールに当たっていると思われる行為をします。審判はデットボールを認めずに試合を再開しようとします。しかし、韓国ベンチからは監督と通訳の方が飛び出してきてまたまた抗議をしている模様です。たまにわざとボールに当たりにいく選手はいますね。上手い人は避ける振りをして当たりにいったりもしますけど、ピッチャーとしてはそれでデットボールをとられたのではやってられないでしょう。

東京五輪ではレスリングを採用!野球・ソフトボールは復帰ならず...。

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
アルゼンチンのブエノスアイレスで行われたIOC総会では、2020年の東京五輪で行われる追加競技の投票が行われ、1回目で過半数を獲得したレスリングが復帰を決めました。個人的にはレスリング、スカッシュ、野球・ソフトボール3つ全部やれば良いのに!と思っています。競技数の上限なんてものがあるから1つなんでしょうけど。そもそも、野球・ソフトボール除外の理由は球場の建設費にお金がかかることと五輪終了後に利用する方途が乏しくて経済的な損失が大きいことは理由だったと思います。東京でオリンピックやるならその心配はないのだから、除外される理由がほぼないと思うんですけどね。ただ、まだ完全に野球・ソフトボール復帰の夢が絶たれたわけではないそうなので、今後に期待したいと思います!

阪神マートンの打球をめぐって審判がマジギレして、和田監督が止めに入るwww

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
巨人の市岡から阪神のマートンがライトポールに当たったか?当たらないか?という微妙な場所への大飛球を放ちます。しかし、これはファールと判定されます。これに納得いかない阪神の和田監督は抗議をしている途中で、何故かいきなり審判のうちの1人がマジギレの表情で誰かに向かって何か文句を言っているようです。何が原因でそもそも怒り出したのか?も不明ですが、審判がキレてはダメでしょう。予備審判は1人しか通常いないため、審判を退場にすることもできないわけですから、これはプロの審判ではないでしょう。結局、ビデオ判定までされましたけど、審判団の対応に解説の掛布雅之氏も苦言を呈していました。

U-18野球ワールドカップで、日本戦に投げたベネズエラのピッチャーが降板後にとった行動www

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
U-18野球ワールドカップでの日本はベネズエラを相手に序盤から得点を重ねてリードを広げていきます。そして、ベネズエラのピッチャーが交代を告げられ、ベンチへ帰っていきます。すると、スポーツドリンクなどを入った大きな容器にグローブごと腕を突っ込み、よく分からない行動をしていましたwその後はベンチに座ってずっと頭を抱えていました。それだけ悔しかったのでしょう。日本は是非優勝してほしいと思います!

先発で不振の埼玉西武の涌井秀章を今度はセットアッパーで起用した結果www

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
埼玉西武は先発の岸孝之が好投して、8回を迎えてセットアッパーの涌井秀章にチェンジします。涌井は2アウト2、3塁というピンチで東北楽天のマギーに逆転スリーランホームランを打たれてしまいます。打たれたボールもかなり甘いですからね。かつては沢村賞も受賞したエースだけにこの退廃ぶりは見るに絶えません。どうか、もう1度復活できないのでしょうか?

福岡ソフトバンクの明石健志の打球を巨人の長野がスーパーダイビングキャッチ!

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
福岡ソフトバンク対巨人の交流戦でソフトバンクの明石健志の放った打球はレフト線への長打コースとなるような打球でした。これをレフトを守っていた長野久義がダイビングキャッチで、ピッチャーの東野峻を救います!ゴールデングラブ賞をとったこともある長野ですから、守備は上手いですけどこのプレーは本当に素晴らしいですね!今年はバッティングがイマイチですが、最終的にそこまで成績を上げてくるか?注目です!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。