あと1アウトで試合終了なのに、小山の暴投をきっかけに両軍乱闘から警告試合に!

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
東北楽天対埼玉西武の試合は楽天が10-1と大量リードして9回の裏を迎えます。ここで楽天の小山は2アウトをとり、最後の打者スピリーを迎えますが、その初球にスピリーの背中を通る大暴投を投げてしまい、その投球に怒りを表したスピリーが小山の方へ向かって歩いていき、ベンチから両軍が飛び出してきて、あと少しで乱闘状態というところまでいきました。西武の渡辺監督を楽天の星野監督が宥めるシーンなどもあり、最終的にはあとアウト1つで終わりなのに警告試合が宣告されましたw

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。