千葉ロッテの古谷投手、西武の西口投手以来の「あと1人でノーヒットノーランを逃す」投手に!

千葉ロッテの古谷投手はこの日が1軍初先発でした。そんな彼が初回から素晴らしいピッチングで凡打の山を築き、8回途中まで完全試合ペースで試合を進めます。8回にフォアボールで完全試合こそなりませんでしたが、オリックス打線をノーヒットで抑えてついに9回を迎えます。古谷投手は簡単に2アウトをとり、ついに最後の打者である坂口選手を迎えます。1-3と不利なカウントにしながらも、緩いカーブでストライクをとり、ついにあと1球で!というところで...。西口投手以来の準完全試合達成投手となってしまいました。非常に惜しかったです。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。