横浜DeNAのブランコが2塁ベースを踏み忘れる珍プレーでゲームセット!www

東京ヤクルト対横浜DeNAの試合は7-4で最終回を迎えました。ブランコがフォアボールを選び、1アウト1塁でバッターは荒波という場面で、荒波の打球はレフト戦へと切れていく難しい打球でしたが、これをフェンスにぶつかりながらもレフトのミレッジがナイスキャッチ!これを急いでファーストへと放り、2塁ベースを回っていたブランコは急いで1塁へと帰塁します。しかし、実は2塁ベースを回ってすぐに帰塁を始めたため、2塁ベースを1度踏むこを忘れて1塁へと戻ってしまったため、それに気付いたヤクルトの内野陣がボールをセカンドに渡してベースを踏み、これでダブルプレーで試合終了!という呆気にとられてしまう珍場面でしたw


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。