主審に抗議後の栗山監督がベンチから突如消える→主審の場内説明で「実は退場でしたw」

  • カテゴリ:誤審
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
北海道日本ハムの抑え武田久が阪神の浅井に投じたボールはデットボールと判定されます。しかし、実はスロー映像ではボールは浅井のバットのグリップエンドに当たっており、ファールとなるはずでした。浅井本人が全く痛がっておらず、明らかにデットボールではないと思われるのですが、これに栗山監督が抗議し、数分後に諦めてベンチに帰ります。しかし、その後ベンチに栗山監督がいないことにテレビ中継の実況が気付き...。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。