阪神の新井貴浩が「消えたファースト事件」を起こすwww

横浜DeNA対阪神の試合で、ノーアウト1塁に高城、バッターはピッチャーの藤井という場面でした。ここで、阪神先発のメッセンジャーは1塁へ牽制をしようとします。しかし、ファーストの新井貴浩はバントに備えて、前進守備を敷いていたため1塁ベースにはついておらず、メッセンジャーは1塁へ投げることができず、記録はボークでランナーが2塁へ進塁します。ちなみに、動画には映っていませんが、この後藤井のバント処理を誤って、メッセンジャーがフィルダースチョイスにしてしまうという散々なイニングになってしまいました。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。