2008年のソフトバンク対楽天の開幕戦の結末www

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
2008年のソフトバンク対楽天の開幕戦は9回裏を迎えるまで、楽天が3-1とリードしていました。そして、最終回には抑えのドミンゴが上がりましたが、ドミンゴは先頭の多村にサード内野安打を許し、続く松中にはライトフェンス直撃の2塁打を打たれ、ノーアウト2、3塁という同点のチャンスを作り、ここで、バッターは柴原を迎えます...。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。