9回2アウト、カウント2-0から高めに外したボールをホームランされて逆転されるオリックス!

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
オリックス先発の岸田はソフトバンク打線を8回まで0点に抑え、最終回を抑えの加藤大輔に渡します。加藤は1失点しながらも、なんとか2アウトまでこぎつけ、最後の打者である本多をカウント2-0と追い込みます。ここで、キャッチャーの日高は高めの釣り玉を要求します。しかし、その釣り玉をジャストミートした本多の打球は無情にもライトスタンドを越え、ソフトバンクが逆転し、岸田は勝利投手の権利を失ってしまったのです。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。