西武の最後のキャッチャー星孝典が退場で、急遽代役を務めたのが外野手の星秀和というややこしい交代劇www

楽天聖沢が放った打球は西武のライト秋山がキャッチし、3塁ランナーがタッチアップからホームを狙います。しかし、秋山からの好返球によりタイミングはアウト!かと思われましたが、主審の判定はセーフ!これに納得のいかない西武の捕手星孝典は審判を突き飛ばして退場となります。実はこの星孝典はこの試合の西武の最後に残っていた捕手であり、なんとここでキャッチャー専門の選手がいなくなりましたwさらにびっくりなのは代役でキャッチャーを務めるのは入団時に捕手だった外野手の星秀和でした。星から星に交代という、なんともややこしい交代劇になりましたwww


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。