横浜DeNA対阪神戦で世紀の大誤審が起こる!

  • カテゴリ:誤審
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
横浜DeNA対阪神の試合では、1アウト満塁から西岡剛がレフト戦へ強烈な打球を放ちます。誰もがヒットと思った瞬間、レフトの松本啓二朗が飛び込んでナイスキャッチ!と、ファンと松本自身が確信したものの、3塁塁審の判定はダイレクトキャッチではないということでした。スローで見ると、どう見てもダイレクトキャッチにように見えますけどね...。こういった明らかな誤審は本当に困りますね。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。