オリックスの比嘉幹貴が常識では考えられない球速のボールを投げる!www

オリックスの比嘉幹貴は北海道日本ハムの杉谷拳士に対して、140キロオーバーのストレートを投げた後になんと、2kmの球速という超スローボールを投げます!w間違いなく、2kmには見えませんし、スピードガンの間違いだとは思いますけど、これほどの遅い球速表示は故障でも見たことがないです。球場中もざわめいたのではないでしょうか?近年稀に見る珍光景でしたwww

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。