阪神スタンリッジ、自責点0なのに辛いさんのエラーで敗戦投手にw

埼玉西武対阪神の交流戦で、4回裏の西武攻撃は2アウト1、2塁という場面でした。
ここで西武の永江はセカンドゴロを打ちますが、これを取った西岡の送球をファースト新井が捕球できず、
この間にランナーが生還し、これがきっかけとなり阪神先発のスタンリッジは自責点が0にもかかわらず、
敗戦投手になるという悲しい結果になってしまいました。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。