野村克也「ストレートのストライクならチャンスある」→

1994年の日本シリーズは巨人と西武の対戦でした。西武球場で行われた西武対巨人の試合では1-1の同点で迎えた6回の表、巨人は2アウト満塁という絶好の勝ち越しのチャンスでバッターは緒方耕一を迎えます。緒方はバットを非常に短く持って、西武の中継ぎ杉山賢人に対応していきます。そして、解説をしていた野村克也氏の呟いた何気ない一言の後にドラマが!?

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。