横浜の石井琢朗が2000本安打を達成した後、実は試合中にとんでもない事件が起きていた!?

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
横浜対東北楽天の交流戦で、1回の裏愛敬尚史から石井琢朗がセンター前ヒットを放ち、2000本安打を達成します!しかし、その後の試合中に中継ぎで登板した谷中真二が村田修一の肩付近にデットボールを当ててしまい、審判に危険球退場を宣告されます。それには野村監督も納得いかないようで、かなり激しい抗議をしますが、判定は覆りません。ベンチへと帰る谷中はかなり不満そうな顔で、最終的にはグラウンドに向かってグローブを投げつけて怒りを爆発させていました。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。