U-18野球W杯で、韓国の選手がわざと死球になる→審判が死球を認めない→韓国チーム猛抗議www

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
U-18野球ワールドカップの韓国対台湾の試合で、韓国の選手がわざと肘を出してボールに当たっていると思われる行為をします。審判はデットボールを認めずに試合を再開しようとします。しかし、韓国ベンチからは監督と通訳の方が飛び出してきてまたまた抗議をしている模様です。たまにわざとボールに当たりにいく選手はいますね。上手い人は避ける振りをして当たりにいったりもしますけど、ピッチャーとしてはそれでデットボールをとられたのではやってられないでしょう。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。