阪神マートンの打球をめぐって審判がマジギレして、和田監督が止めに入るwww

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
巨人の市岡から阪神のマートンがライトポールに当たったか?当たらないか?という微妙な場所への大飛球を放ちます。しかし、これはファールと判定されます。これに納得いかない阪神の和田監督は抗議をしている途中で、何故かいきなり審判のうちの1人がマジギレの表情で誰かに向かって何か文句を言っているようです。何が原因でそもそも怒り出したのか?も不明ですが、審判がキレてはダメでしょう。予備審判は1人しか通常いないため、審判を退場にすることもできないわけですから、これはプロの審判ではないでしょう。結局、ビデオ判定までされましたけど、審判団の対応に解説の掛布雅之氏も苦言を呈していました。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。