横浜DeNAの荒波翔がレフトオーバーのサヨナラタイムリーヒットを放つ!

横浜DeNA対阪神の試合は三嶋一輝とメッセンジャーの好投により、9回裏まで0-0という状態でした。9回の裏、先頭のブランコがヒットで出塁し、続く梶谷隆幸がフォアボールで出塁すると、代打の小池正晃が送りバントを試みますが、打球を処理した安藤優也が3塁に送球してこれがフィルダースチョイスになります。ノーアウト満塁となって迎えた荒波翔は初球をレフトに流し、レフトのマートンの頭上を越えてサヨナラタイムリーヒットとなりました!これで横浜DeNAは3カード連続の勝ち越しとなり、いよいよクライマックスシリーズ進出の夢が見えてきました!

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。