U-18野球ワールドカップで、済美の安楽が16奪三振無失点の活躍でベネズエラに快勝!

U-18野球ワールドカップで日本はベネズエラと対戦し、今年の甲子園でも大活躍した済美の安楽投手がベネズエラ打線を完全に抑え、9回完封で7-0というスコアで勝利を収めました。今回の野球ワールドカップは桐光学園の松井裕樹投手もメンバーに入っており、非常に層の厚い投手陣という印象です。このメンバーの中から2015年に開催される第1回IBAFプレミア12、2017年開催の第4回WBCに選ばれる選手も出てくるのではないでしょうか!?

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。