マートンの殺人タックルで、ヤクルトのキャッチャー田中正彦は鎖骨骨折の重症を負い、解説の達川がマートンに大激怒

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
ヤクルト対阪神の試合は4回の表、1-0でヤクルトリードという場面、
阪神は1アウト1、3塁から藤井がレフトに犠牲フライを打ち、3塁ランナーのマートンはタッチアップをします。
しかし、タイミングは非常にきわどかったこともあり、マートンはキャッチャーめがけて体当たりをしますが、
キャッチャーの田中雅彦はボールを離さずにアウトになります。
しかし、キャッチャーの田中雅彦は鎖骨を骨折するという大怪我を負い、
その後、マートンの打席ではピッチャーの八木が故意死球を狙ったと見える投球をするなど、
後味の悪い一戦となってしまいました。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。