成瀬善久「よっしゃ!牽制で1塁ランナーを挟んだで!」→ランナーがホームまで生還...。

埼玉西武の試合で先発した千葉ロッテの成瀬善久は1塁ランナーのヘルマンを牽制で挟みますが、ファーストの大松尚逸がセカンドへ送球する際にランナーに当ててしまい、ボールはセンター方向へ転々とします。その間にランナーのヘルマンは一気にホームへと生還してしまいます。その前には埼玉西武の石井一久がお手本のような牽制でランナーを挟んでアウトにしていましたけど、この2プレーの差はどこから生まれてしまったのでしょうか?


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。