【誤審?】温厚な落合監督を激怒させるほどの1塁塁審の微妙なジャッジ

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
東京ヤクルト対中日の試合は5回の裏、ヤクルトの畠山和洋が放った打球はライト線のフェアか?ファールか?非常に微妙な当たりとなります。これをライトの藤井淳志が飛び込んでキャッチしに行きますが、これは捕れません。しかし、これがフェアと判定されてその間にランナーが次々とホームイン!このジャッジに起こった落合監督はかなり怒った表情で抗議をします。そして、最後は退場を宣告されてしまいます。私が見た限りは、どちらともいえない微妙な感じです。その前にも大島のセーフと思われるバントをアウトと判定されていたので、当然イライラもあったのでしょう。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。