埼玉西武の米野智人が満塁ホームランを打ったときの実況がヤバイwww

福岡ソフトバンク対埼玉西武の試合は9回表を迎えて、3-1とソフトバンクがリードしていました。9回表には抑えのファルケンボーグが上がりましたが、2アウト満塁というピンチを作って、バッターは米野が打席に向かいます。米野智人はカウント0-1からの2球目をレフトスタンドへ叩き込む、逆転満塁ホームランを放ちますが、そのときに実況の斉藤一美さんが感極まって今にも号泣してしまいそうな状況でしたw解説をしていた工藤公康氏はずっと黙ったままdしたが...w

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。