阪神マートンのフェンス直撃の打球をアウト判定されて和田監督が抗議で退場し、約18分の試合中断!

  • カテゴリ:誤審
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
3回表2アウト1、2塁で阪神のマートンの打球はライトフェンス直撃のヒットかと思われましたが、これを1塁塁審がダイレクトキャッチで判定し、3アウトでチェンジとなります。しかし、これに納得がいかない和田監督は抗議をしますが、判定は覆らずに遅延行為で退場となります。しかし、代理監督を務めることとなった黒田コーチもその後抗議を続け、ベンチ前では福留孝介、新井良太などがキレかかっている表情をしており、最後は選手全員をベンチ裏に引き返させて試合放棄!?かと思われましたが、最後はなんとか試合再開にこぎつけました。このプレーについて、解説の田口壮氏も「微妙とも言えないくらい明らかな誤審」という風なコメントをされていました。これは明らかにフェンスに当たっていますよ。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。