東京ヤクルトのバレンティン45号ホームラン!www

神宮球場で行われた東京ヤクルト対巨人の試合は序盤からヤクルトが一方的なリードの展開でした。そして、5回の裏に川端慎吾がヒットで出塁すると、4番のバレンティンが巨人の澤村拓一からややインコース低めのボールをレフトスタンドへ運びます。ボール自体は低くてストライクゾーンを外れていましたが、それをすくい上げてレフトスタンドまで持っていくのは流石です。これでヤクルトOBの岩村明憲、ペタジーニ両選手が持つ球団記録の44号を更新しました。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。