【元祖二刀流】横浜の野村弘樹のバッティングがヤバイwww

1998年の日本シリーズ第1戦の映像です。横浜の先発として登板した野村弘樹は西武の森慎二のストレートを左中間に弾き返し、ツーベースヒットを打ちます。このシーズンの野村の打撃成績は打率が2割5分、ホームラン1本、打点が8と投手とは思えない打撃成績です。この年のマシンガン打線は9番に投手野村弘樹でまさにピークの状態でした。まさに元祖二刀流はこの野村弘樹かもしれません。
関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。