夏の甲子園、常総学院のキャッチャーが座ったまま2塁へノーバンで送球する強肩ぶりを披露!

夏の甲子園は常総学院対仙台育英の対戦で、5回表仙台育英は2アウト1、2塁のチャンスを作ります。ここで、2塁ランナーがやや飛び出したのを見て、すかさず常総学院のキャッチャーが2塁へ牽制球を座ったまま投げました!たまにこういう牽制をするキャッチャーはいますね。日本だと、ダイエー時代の城島健司捕手が盗塁したランナーを座ったまま送球して刺すといった場面があったと思います。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。