千葉ロッテのブラゼルと東北楽天の則本の14球にわたる熱い勝負をノーカットで!

千葉ロッテ対東北楽天の試合は7回裏3-0と楽天がリードしていました。千葉ロッテは1アウト1、3塁というチャンスを作り、バッターはブラゼルを迎えます。ブラゼルは則本のボールをカットカットで切り抜け、甘い球をひたすら待ちます。ブラゼルは長距離バッターですが、ある程度打率も残せるなど器用なバッターでもあり、最後は則本のストレートを弾き返し、センターライナーの犠牲フライとなります。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。