阪神のマートン、球審のストライク判定に猛烈に怒り出して退場!

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
3回裏広島が5-0とリードし、1アウト満塁で打順はマートンに回ってきました。広島の大竹が投じたスライダーにバットが出かけますが止まります。しかし、1塁塁審はスイングの判定で、この判定にやや不満な表情を見せます。そして、次の2球目が外角の非常に微妙なコースに決まりますが、これもストライクの判定です。これに明らかに以下を見せているマートンが球審に詰め寄り、かなり激しい口調で抗議をします。そして、バットでベースを指差して「今のボールが通ったのはここじゃないか!」のような仕草をすると、退場を宣告されます。ベンチに引き下がった後もしきりに審判の方へ何か言っている様子でした。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。