球審への恨み?阪神のキャッチャー清水誉がピッチャーの投球を避けて、ボールが審判に直撃!

京セラドームで行われた阪神対広島の試合は2-0で広島がリードして9回表を迎えます。2アウト1塁からランナーの堂林翔太がスタートを切って、そのスタートが早すぎたため、キャッチャーの清水誉はウエストしますが、ピッチャーの加藤康介は当初の要求通りのコースへ投げたため、キャッチャーはボールを捕れずにそのボールが球審に直撃してしまいます。でも、どうしてあっちに外したんでしょうか?

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。