レンジャースのダルビッシュ、またもや大記録を逃す惜しいピッチングながら12勝目を挙げる!

アストロズ戦に先発したレンジャースのダルビッシュは自己最多の15奪三振を奪うなど、ストレートも変化球も抜群でアストロズ打線は全く手も足も出ない状態でした。そして、6回途中まで完全試合、8回途中までノーヒットピッチングを続けるなど、大記録の達成も期待されましたが、8回途中にホームランを打たれて記録達成はお預けとなってしまいました。それにしても、ダルビッシュは奪三振のタイトルは取りそうですね。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。