東京ヤクルトの藤田太陽、1点差で1アウト満塁という大ピンチでルナ、和田一浩を打ち取る!

中日対東京ヤクルトは4-3と東京ヤクルトが1点リードで最終回を迎えますが、1アウト満塁でルナを迎えたところで藤田太陽を起用します。藤田はルナを浅いライトフライで打ち取り、これで2アウト満塁とします。しかし、次のバッター和田一浩のところではフルカウントまできてしまい、一体どうなるんだ!?と思ったところでしたが、藤田はスライダーで和田のタイミングを外してサードファールフライに打ち取りまます!いやー、しびれる場面でしたー!w

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。