横浜DeNAの連敗脱出を阻む、長野久義の逆転タイムリー3塁打!

この日まで7連敗中の横浜DeNAは9回表を迎えて6-5と1点リードして最後はホルヘ・ソーサが2イニング目に入ります。しかし、先頭の坂本勇人をエラーで出塁させると、送りバントで1アウト2塁とし、村田修一のセンターフライで2アウト2塁としますが、代打高橋由伸をフォアボールで出して、2アウト1、2塁のピンチで迎えるのはここ数日で調子を上げてきた長野久義でした。長野はソーサの2球目をレフトに打ち上げて、これでゲームセットか?と思いましたが、打球は思った以上に伸びてレフトの井手正太郎も捕れず、巨人が逆転し、横浜DeNAは8連敗となってしまいました...。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。