村田兆治VSどこにでもいる小学生の対決!

50歳を越えてもいまだに140km以上のストレートを投げられるマサカリ投法でお馴染みの村田兆治さんと今回どこにでもいる12歳の小学生が対決することになりました。ルールは140kmのストレート10球を1球でもフェアゾーンに打つことができたら小学生の勝ち!というものです。小学生の指導には落合博満氏が加わり、10日間みっちりバッティングセンターで剛速球に慣れます。果たして、勝つのは村田兆治か!?それともどこにでもいる小学生か!?


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。