阪神マートンがレフトフライをライト前ヒットに変えてしまい、和田監督が怒りの懲罰交代を命じる

神宮球場で行われた東京ヤクルト対阪神の試合で、3回裏川本良平の打球をレフトのマートンが追いつきながらも後逸してしまい、ランナー2人が生還してしまいます。さらにその直後、山田哲人の当たりはやや浅いレフトフライになります。ここ実況も「嫌な予感が...。」と呟き、フラグを立てますwレフトのマートンはスラディグキャッチを試みますが、これを弾いてしまいライト前へ転がるヒットとなってしまいます。このプレーが原因でマートンは交代を命じられてしまいます。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。