ライトを守る阪神マートン、アウトカウントを間違えてレイサム事件を起こすw

阪神対千葉ロッテの交流戦は序盤からミスもあって阪神が劣勢に立たされます。そして、8回の表に千葉ロッテは1アウト2塁というチャンスを作ってバッターは清田育宏を迎えます。清田はライトフライを打ち上げて、セカンドランナーがタッチアップで3塁へと向かいますが、ボールが3塁へ返球されません!?何が起きたのか?実はライトを守るマートンがとんでもないミスを起こしてしまいました...。



関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。