対巨人戦で6-0からの劣勢を跳ね返し、横浜が鈴木尚典のサヨナラ打で大勝利!

1995年の横浜対巨人の試合の映像です。試合は横浜の先発三浦大輔が序盤から巨人打線に打ち込まれ、横浜は中盤まで6-0と劣勢に立たされます。しかし、横浜はローズの満塁ホームランで7-5まで追い上げ、ついに9回裏最終回を迎えます。横浜は2アウトをとられた後、最後までしぶとさを見せて石井、波留が連続ヒットで出塁し、今日ノーヒットの当時23歳の3番鈴木尚典を迎えます。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。