レッドソックスの選手の打ったホームランボールをキャッチしたのは...あれ?上原!?

レッドソックス対ダイヤモンドバックス戦で、レッドソックスの選手が右中間に大飛球を放ちます。ライトが追いかけていきますが、最後は諦めて打球を見送ります。しかし、レッドソックスの本拠地「フェンウェイパーク」は右中間にブルペンがあるため、打球はそこに入っていき、なんと打球を待ち構えていた上原浩治が打球をナイスキャッチ!観客の目の前である意味スーパープレーをやってのけます!上原の性格からしたらやりそうなことですねw

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。