急遽代打の千葉ロッテ神戸拓光が、ホームランを打ってはしゃぎ過ぎて報復死球を受けるw

  • カテゴリ:乱闘
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
1回の裏千葉ロッテは福浦和也が1アウト1、3塁から自打球で倒れ、打席の途中で代打神戸拓光が送られます。その神戸はカウント2-3から右中間にホームランを放ち、ベース1周する間に喜びを爆発させ、ベンチに帰ってからもはしゃぎまくりますwしかし、その次の神戸の打席で、埼玉西武の先発涌井は1、2球目にインコースを攻め、そして3球目には神戸の腰辺りに当たるデットボールを与えてしまいます。神戸は何事もなかったかのように1塁へ歩き出しますが、両軍のベンチから選手が飛び出してきて、一触即発の乱闘状態になってしまいます。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。