どう見てもセーフのプレーをアウトと判定されたのに、全く抗議をする気のない阪神の和田監督w

  • カテゴリ:誤審
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
東京ヤクルト対阪神の試合は5-4で阪神が1点リードで7回の表を迎えます。ここで阪神は1アウト満塁のチャンスを作り、バッターは鳥谷という場面でした。鳥谷はピッチャーの正田樹からセカンドゴロを打ち、セカンドの田中浩康はバックホームしますが、タイミングは際どく、よーく見るとキャッチャーの相川はランナーにタッチできていないように見えます。しかし、判定はアウト!この疑惑の判定に阪神の和田監督は全く動じない感じでしたw

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。