主審のナイスパスで、1点余計に取られる北海道日本ハムの多田野w

ランナー2塁で、バッターは千葉ロッテの里崎という場面でした。ここでピッチャーの多田野はワンバウンドのボールを投げてしまい、それをキャッチャーの鶴岡が捕れずに後ろに逸らしてしまいます。鶴岡は弾き方からいって、真後ろ方向にボールが転がっていったと思ったようですが、実はこのとき弾いたボールが主審の膝のあたりに当たってしまい、方向が変わってしまったのです。それに気付かずに鶴岡はボールを完全に見失い、その間に2塁ランナーがホームイン!多田野にとってはアンラッキーなプレートなってしまいました。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。