主審が抗議の説明アナウンス中に、埼玉西武の「炭谷」を「岸谷」と言い間違えるwww

阪神対埼玉西武の交流戦は5回の裏、2-1で埼玉西武が1点リードの場面でノーアウト1塁から藤井彰人がバントを試みます。藤井はキャッチャー前へのバントを試みますが、キャッチャー炭谷銀仁朗と打者の藤井が交錯し、藤井の走塁が守備妨害をとられます。しかし、これに納得がいかない阪神の和田監督が抗議に行きますが、判定は覆りません。その後、審判がプレーについて説明する際に、とんでもない失態をしてしまいますwww

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。