阪神の藤井彰人のプロとしてやっちゃいけない痛い走塁ミス!

オリックス対阪神の交流戦で、5回表オリックスが3点リードした場面、ピッチャーの西勇輝はアウト2塁に藤井彰人を背負い、バッターはピッチャーの能見篤史を迎えます。能見はセンターへ良い当たりのライナーを打ちますが、センター坂口がダッシュしてきてこれをランニングキャッチ!急いでボールをセカンドに投げて飛び出した藤井がアウトになります。微妙な当たりの場合は少なくとも戻れる位置にいないといけないのですが、これはやっちゃったプレーになってしまいました。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。