高校野球福岡大会準々決勝のあまりにも劇的すぎる結末!

準々決勝は福岡工大城東対門司学園でした。9回の裏、門司学園の攻撃を迎えて5-0と5点のビハインドでした。しかし、最終回に打線に火がつき門司学園の球児たちは連続ヒットと福岡工大城東の守備のミスも併せて3点を返していきます。そして、2アウト2、3塁で4番のキャッチャー片山くんを迎えます。いやーここまで豪快で、劇的な結末を高校野球大会の予選から見られるとは思いませんでした。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。