東京ヤクルトの八木がピッチャーゴロの打球を処理し、グラブごとファーストへ投げるwww

東京ヤクルトの八木は阪神の西岡剛のピッチャーゴロをグラブで受け止め、それを1塁へ投げようとしますが、なんとボールがグラブに挟まってしまい、なかなか取れません。仕方がないので、八木はグラブを手から外し、グラブごと1塁へ送球し、なんとか西岡をアウトにします。たまーにこういうグラブにボールが挟まってしまうプレーありますねw去年は確か巨人のホールトンが同じようなプレーをしていました。

関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。