ベースカバーがいない1塁へ牽制球を投げる埼玉西武の岡本篤志

4-2と北海道日本ハムが2点リードして迎えた6回の表、埼玉西武の岡本篤志は2アウト1、2塁で2-3とフルカウントの場面で、1塁への牽制球を投げますが、1塁ベースにファーストがついておらず、これが悪送球となり、ボールはファールゾーンを転々を転がっていきます。これは誰のミスなのか?よく分かりませんが、無人の塁へ送球する珍プレーはたまに見ますねwただ、牽制球でというのは私も初めてですが...w



関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。