1つのプレーに対して2人の審判が同時に判定して、しかも判定が食い違うwww

巨人対横浜は1アウト1塁から当時19歳の坂本勇人がライト線へヒットを放ち、1塁ランナーは3塁へ向かいますが、バッターランナーの坂本は1塁を回ったところでオーバーランしてタッチアウトになってしまいます。しかし、このとき1塁塁審と主審がそれぞれアウトとセーフでジャッジが分かれてしまい、横浜の大矢監督が抗議にいきます。しかし、結果は覆らず非常に微妙な判定となってしまいました。


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。