U18野球世界大会でアメリカチームの選手が2度の殺人タックルをする!

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
U18の世界野球での日本対アメリカ戦、アメリカの打者のライト前ヒットで2塁ランナーはホームを狙いますが、タイミングは完全にアウト。しかし、ランナーは日本のキャッチャーに向かって物凄い勢いで体当たりをします。キャッチャーの選手はしばらく蹲ったままで、起き上がれません。なんとか起き上がって1度ベンチへ戻り、再びプレーを続けますが、再度同様の体当たりをされ、ボールを零してしまいます。走塁妨害と体当たりの問題は以前から議論がされており、日本のプロ野球でも同様のプレーで毎年何人かの選手が負傷しています。野球とベースボールは別物のスポーツなのかもしれません。



ブログパーツ
関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。