埼玉西武対福岡ソフトバンク戦での謎のサイレント試合終了www

  • カテゴリ:誤審
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
9回2アウト、カウント2-3という場面で埼玉西武の栗山はインコースのボール球を打ちにいきますが、バットをとめます。栗山はスイングはしていないと確信を持っているようで、さっさと1塁へ歩いていきますが、3塁塁審はスイングの判定で、これで試合終了となります。しかし、塁審のスイングの判定が分かりづらかったのか?栗山は1塁にいたままで、ソフトバンクナインだけが勝利を喜び合っており、観客の反応も「え?試合終わったの・・・?」といったものでした。これにはさすがの渡辺監督も抗議をしますが、ちゃんと「ゲームセット!」は分かりやすくコールしてほしいですね。



ブログパーツ
関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。